自分の人生を最高にするためのブログ!

読書記録、医療、健康、自分の考えていることで共有したいこと

フォロワー数=影響力じゃない!「発信」より「共感」。ゆうこすさんから学ぶ、令和時代の仕事の創り方!

こんばんは!
今回紹介する9冊目の本は、

 

ゆうこすさんの共感SNSです!

f:id:healthprofessional:20190705215533j:plain

 

ゆうこすさんは、

 

「モテクリエイター、YouTuber、インスタグラマー、モデル、タレント、経営者」と色々な肩書きがあり、活躍されてますが、

 

最近はSNSアドバイザーという肩書きも追加されたそうです。

 

この本は、失敗も成功も味わったそんなゆうこすさんにしか語れない

「リアルな経験」

に触れることができます。


第1章 SNSの自分づくり

第2章 知名度0からフォロワーを増やす

第3章 フォロワーをファンに

第4章 ソーシャルパワーを仕事にする

第5章 SNSでブランドをつくる

という構成で書かれています。


気になった部分を紹介していきます💪


まず、

 

あなたはSNSを通してやりたいことはなんですか?

なぜ、SNSで発信力をつけたいと思っていますか?

 

まずこの質問に対する簡潔な答えを自分自身が持っていないと、何も始まらないとのこと。

 


「数だけでは本当に意味がないんです。それよりと、SNSではフォロワーさんがどれだ

け自分や自分が発信する内容に共感してくれて、どれだけ熱量を持ってくれてくれ

ているが1番意識すべきです。」

 

もし、SNSで発信力をつけ、仕事にしたいと思ったら、

自分のやりたいことや方向性を語り、思い入れを持ってもらうことがどんなテクニック

よりも、1番大事だということ。

 

みなさんも自分がなぜSNSで発信をしているのか、1度考えてみてください。

 

目的を見失っていませんか?


「自分がワクワクすることじゃなければ、発信しても意味がないし、継続なんてできません。自分が本当に追いかけたいテーマで発信するようになってからは、寝るのも忘れるくらい没頭できました。」

 

自分のことって自分が想像している100倍くらい、実は相手に伝わってないことを理解してないと、自分の投稿が自己満足で終わってしまう気がします😅

 

夢や願望だけでは応援できない。

SNSの世界は画面であり、

 

「私は女優を目指しています!」

 

とツイートしても、このツイートで応援や共感につながらないとのこと。

 

では、何をプラスして発信すると共感を生めるのか?

 

それは理由や想いです。

 

そのために、普段から自分に「何で」と問いかける習慣が重要になってきます。

 

自分に「何で?何で?」と問いかけるって簡単なようで難しく、

自分では、「何で?」と聞くまでもなく、わかっているつもりのことが多く、

自分バイアスがかかってしまうからです。

 


理由と想いを「何で?」としつこく深掘りしていくのは、夢を叶えるまでの手段を柔軟に考えられるということ。

 

人は何かに向かって頑張っていると、途中で、「手段が目的化」になってしまうことがよくあります。

 

そのため、理由と想いを他人に語れるくらい明確化しておくことで、他の発信者さんから頭一つ飛び抜けられる。

 

何事も、最初に発信した人が勝つ!


まだ誰も挑戦していないフィールドは、完全なブルーオーシャン

 

丸く尖る発信をすることで、ファンを作り、それを仕事につなげる。そこからSNSで培ってきた発信力を「売る力」に変える。

 

SNSを使ってこうしたサイクルを自ら生み出すことが、令和時代の「仕事の創り方」のスタンダードにもなっていくとのこと。

 

いかに続けられるか。最後まで何があってもやり遂げられるか。

 

SNSを活用している皆さんにぜひ手にとってもらいたい1冊です。

 

次回もお楽しみに。