自分の人生を最高にするためのブログ!

読書記録、医療、健康、自分の考えていることで共有したいこと

新時代の「捨てる」生き方入門。断捨離できるようになるために!「これから」を、病まないで生きるために。

今回紹介する13冊目の本は、

 

堀江貴文さん捨て本です!

 

f:id:healthprofessional:20190804170855j:plain

 

 

 

 

 多くの物に囲まれて人は暮らしている

いまあなたの住んでいる部屋を見渡してみてください。

どのくらい物が置いてあるでしょうか?

 

思い出が詰まった大切にしている物やこれから役に立つだろうと、とってある物などあ

るのではないでしょうか?

 

しかし、モノへの愛はほとんどが思い込みなのです。

 

ほとんどのモノは「大切」という幻想のパッケージにくるまれた不要品です。

勝手に私たちがモノに対して思い入れをしているだけです。

 

もし所有欲を満たしたとき、人は幸せですか?

いくら欲しいものを手にして、所有したとしても一時的な快楽を得るだけで、自分の人生が幸せに好転することはないですよね。

 

宝くじに当たって、多額の大金を手に入れ、欲しいもの全て手に入れたときは、幸せかもしれませんが、自分は寂しくなるのではないのかなと思ったりします。

 

断捨離がうまいか下手かで幸せの量が大きく変わる

あなたは本当に必要なモノが何か分かっていますか?

無駄な所有欲から解放されるべきです!!

モノの囲まれた偽の充足より、それは大胆に捨てて、軽々走り出す爽快感を味わって診てください。

モノが無くなり、身軽になるほど行動のスピードや、思考の密度も変わってきます。

 

これからは個人の経験値が求められる

モノを捨てて体験を重ねること、体験にお金を惜しむことが大切です。

これからの時代は、

 

「何がしたいか?」「誰と出会ったか?」「どんな面白い話を語れるか」

 

という個人の経験値が求められます。

 

価値の高いモノをたくさん持つよりも、どれけ多くの価値観を持つかを意識すること。

 

「何をしていたか?」が経済評価に置き換えられていきます。

 

 

捨ててはいけない物はやはり時間

思い出や友達を捨てられない人は、今を生きてない人です。

言い換えれば、ヒマな人です。

やりたいことに熱中していれば、そんなことを考えることも無くなります。

思い出などに思考が奪われます。

捨ててはいけないのは時間です。

何を持つかではなく、どのように時間を使うか?

時間の貴重性を意識して、生活してみましょう。

 

さいごに

この本をきっかけに、ミニマリストになってみようかなと思いました。

今日実際に、古着屋さんに行ってゴミ袋3個分出してきました。

1,241円でした。モノも減らせてお金がもらえる一石二鳥でした。笑

 

 

 

次回もお楽しみに。