自分の人生を最高にするためのブログ!

読書記録、医療、健康、自分の考えていることで共有したいこと

見た目が10歳若くなる!!「肌+髪+腸」で外見力は劇的に変わる!ハーバードの最新研究!!

今回紹介する19冊目の本は、

小川徹さんの

「見た目が10歳若くなる本」です!

f:id:healthprofessional:20190814113059j:plain

 

前回に引き続き、健康に関する本です。

見た目が10歳若くなる!

方法なんてあるのかなと気になって手に取った1冊です。

この本は皮膚科学の正しい知識で「見た目の老化」を遅らせようということが書かれています。 

具体的な方法がたくさん書かれており、一つ一つ紹介していたら、時間が足りないので、大切だと思ったポイントだけまとめてみました。

詳しく知りたい方は是非手に取ってみてください!

 

皮膚に隠された特徴とは?

ほとんどのひとは意識していないと思いますが、

皮膚も臓器の1つです。

そのため皮膚は目に見えている臓器という大きな特徴があります。

つまり、「皮膚は内面を映す鏡」であり、皮膚には「身体の内部情報」が反映されているといえるのです。

www.akilearning.comでは、見た目が若い人の特徴とは?

肌が綺麗で「見た目」が若い人は、内臓も若くて健康ということがあります。

細胞は老化したり、外からの刺激によって「酸化ダメージ」を受けます。

これに対抗するのが、

「抗酸化力」です!

つまり、「見た目が若い」ということは、言い換えれば「抗酸化力が高い人」ということになります。

www.akilearning.com

 見た目の年齢は腸年齢で決まる

便秘になると吹き出物が出たり、肌荒れが起こったりした経験はありますか?

もしそんな経験がある人は、

もしかしたら、が原因かもしれません。

なぜかというと、

腸と肌はつながっているからです!

日本では、食事の欧米化に伴い、

便秘や下痢で悩む人が増えているみたいです

 現在、日本人の死因第一位はがんですが、その中でも大腸がんは女性における死因のトップです。

なので、腸の健康を保つことは、腸の健康にも、身体全体の健康にも「基本」と言えます。

意識して腸内環境を整えることが、「見た目の若さ」を保つ秘訣になるそうです。

www.akilearning.com

毎日の習慣で「外見力」を磨く

 皮膚は心の状態が反映されやすい「表現の器官」

心のケアも大事で、肌にとってストレスは大敵です。

肌ケアや食事に気を遣っても、ストレスがあれば、肌を整えることは困難になります。

ブルーライトは「老け見え」の大きな要因になる

スマートフォンやパソコンからも、有害な光がでているのは知っていますか?

ブルーライトは、強いエネルギーを持っていて、皮膚に負担をかけ、しみくすみの原因となります。

寝る前のスマートフォンは、人を老けさせるということを覚えてください。

 

最後に

自分は小学生から現在までサッカーをやっていて、男なら黒くて当たり前でしょ!日焼け止め塗るなんてとか思っていたのですが、

青年期までに受ける紫外線の量というものは、人生で受ける紫外線の量の3分の2みたいです。自分は今年21歳ですが、今からやらないよりいいかなと思い、今は日焼け止めをしっかり使って、紫外線対策してます。笑

 

次回もお楽しみ。