自分の人生を最高にするためのブログ!

読書記録、医療、健康、自分の考えていることで共有したいこと

自由な人生を生きるために必要なこととは?自分の好きなことに本音で向き合おう!!

 


今回
紹介する本は、

本田晃一さんの

「毎日を好きなことだけで埋めていく」です!

f:id:healthprofessional:20191014210141j:plain



今回は、人生に関する本です!

好きなことをしていくだけで、生きていくことなんて甘いし、そんな楽な人生なんてないと思っている人。

すこしハッとさせられるような内容で、新たな考え方ができるかもしれません。

 

少しでも参考になればと思っています!

 

 

一部を紹介しています!!

気になった方は是非手に取ってみてください!

はじめに

「毎日を好きなことだけをして、生活する。」

そんなこと出来れば、今更苦労してないよ、と思われるかもしれません。

しかし、今の世の中、そういう生活をしている人はたくさんいます。

みなさんの周りにそのような生活をしている人がいないから、

無理ではないかと思ってしまっているかもしれません。

すこし、考え方、見方を変えれば、人生は180度変わることは絶対可能です。

www.akilearning.com

本当は好きなことで生活したいと思っている

本心では、好きなことをして行きたい人はいっぱいいると思います。

しかし、出来ないのがほとんどだと思います。

なぜだと思いますか?

やった先に、大変なことが待ち受けて待っていると思っているからと思ってしまっているからなんです。

なので、変わることを恐れ、どうしても一歩を踏み出せないでいるのです。

 

一歩を踏み出すときに現れるものとは

自分のなかには、いつの間にか作り上げられた、

「謎の憲法」というものがあります。

この「謎の憲法」は、何か新しいことにチャレンジしようかなと思っているときに、

突如として現れ、邪魔をしてきます。

そのため、なかなか行動に移せないでいるのです。

気持ちは凄く分かります。

しかし、私たちはいますぐ、この「謎の憲法」から自由にならないといけないのです。

謎の憲法の正体とは

それは、

過去の経験や体験によって作られた価値観です。

人は周りからの教えや自身の経験をもとにして生まれた、「謎の憲法」が正しいと思って生活してしまっているのです。

言い換えれば、

自分の考え方、感じ方、は間違っていないと思ってしまっているということです。

他人の話に聞く耳持たない人は、いつまでたっても新しい価値観を変えることは難しいと思います。

あなたは、価値観をアップデートする機会を逃してはいませんか?

ではそうすればいいのか?

この「謎の憲法」から解き放たれることはなかなか難しいです。

しかし、方法はあります。

それは、「疑う力」です。

勇気を出して、「謎の憲法」に対して、「本当にそうなのか?」と疑ってみるのです。

それが出来たとき、

「もしかしたらこの方がいいんじゃないか」

「これやってみようかな」

「こんな考え方すれば簡単なことだった」

と思うことになるでしょう。

自分の可能性、選択肢を広げていきましょう!!

 

www.akilearning.com

 

あなたの「謎の憲法」は何がありますか?

多くの人が周りの人、環境によって植え付けられた「謎の憲法」が存在します。

「何かを得るためには、必ず苦労しなければならない。」

苦労することが前提になってませんか?と言うことです。

苦労することは否定はしませんし、大切だと思います。

しかし、ラクして何かを得ることにブレーキがかかってしまう人は要注意です。

何でもかんでも引き受けること

頼まれたことに対して、すべて引き受けてしまっていないですか?

特に理由も無く、何でも引き受けてしまうのは、「いい人でいたい願望」が強いからかもしれません。

もうすこし深掘りすると、「愛されたい願望」と言ってもいいかもしれません。

「いい人でいなきゃ」の呪いにかかっていませんか?

あなたは誰のために生きるのですか?

あなたは本当はどうしたいのですか?

自分がストレスをため込んでしまったら、意味が無いです。

www.akilearning.com

 最後に

無意識のうちに、自分の可能性を狭めているのは、

他人ではなく、自分自身なのかもしれません。

それに気がつくことさえ出来れば、自由を手に入れる可能性はぐっと広がります。

不安や恐れにより、行動しないような人生は生きないように自分は決めています。

このブログを通して、考え方を身につけ、行動に移すことが可能になれればいいなと思っています。

www.akilearning.com

これで終わりです!

次回もお楽しみに。