自分の人生を最高にするためのブログ!

読書記録、医療、健康、自分の考えていることで共有したいこと

現在、看護学生3年の自分が、領域別実習を通して、感じたことの記録。

f:id:healthprofessional:20191116195842j:plain

 

現在看護学生3年である自分は、領域別実習というものを行っています。

2月下旬まで続く実習です。正直ちょっと長いです。笑

しかし、多くの学びがあり、充実している毎日を過ごしています。

現在は、7週目が終わったところです。

 

実習中に感じていることを記録として残しておこうと思い、今回書かせていただきます。

感じたことを残したいためだけなので、文面は感じたままに書きます。

 

 

現在、急性期実習1週目が終わった。

今週は、救命救急センター、ICU、第二外科外来を実習させてもらった。

 

急性期の患者は、予期せぬ事態で運ばれてくる方が多く、

患者はもちろん、家族も付き添いできていることが多い。

 

初期治療室という、救急搬送された患者が最初に入る場所があり、

看護師や医師、研修医がいた。

 

バイタルサインや血液検査などを行うためのルートの確保、12誘導心電図を取ったり、

意識確認や見当識の確認の声かけ。

 

初期治療室から出れば、CTやレントゲンの検査を行っていた。

 

あの場の緊張感は初めて味わった。

 

また家族の方も来られていた。

 

医療者側が家族に状況説明するのは、当たり前だが、

医療者側は決して家族に対して、

 

伝えた気になってはいけないということ。

 

家族は何を求め、何が知りたいのか。

 

待合室で待っている家族にとって、

1分1秒の時間は凄く長く感じるもの。

時間が長くなるほど不安は増大していく。

 

もし自分が、家族が泣き崩れてしっまている姿を見たら、

そばにいてあげたいと思う。

しかし、看護師も環境によっては、初期治療室には一人になることもあるとのこと。

 

そのため、患者も家族も同時には見てあげることは不可能である。

 

人間、一人で出来ることは限られている。

 

看護師が一人の場合は、

 

冷静に全体を見て、患者、家族にとって最善の行動をする。

 

自分が介入できないのであれば、

患者と家族に対して、

環境を整えることも1つの看護師の役割だと感じた。

 

読んでくださった方、ありがとうございます。