自分の人生を最高にするためのブログ!

読書記録、医療、健康、自分の考えていることで共有したいこと

初対面でも、相手に心を開いてもらえるような話の聞き方!!

 

今回も紹介する本は、

國武大紀の

「聞く力こそが最強の武器である」です!

f:id:healthprofessional:20191116111725j:plain 

一部を紹介しています!!

気になった方は是非手に取ってみてください!

前回の記事はこちらになります!

www.akilearning.com

www.akilearning.com

3つの相槌で、相手の心を動かす作用

レベルが高いコーチは、

「相槌の達人」と呼ばれています。

どういう達人だよと突っ込みたくなりますが、

ただ単に、うなずけばいいということではありません。

ポイントが3つあります。

共感を表す短いフレーズを使う。

共感とは、自分とは違う考え方をしていても、

「相手がそう思っているんだな」と理解を示すことです。

具体的には、相手の喜怒哀楽の感情に合わせて、

「そうだったんですね~」

「つらかったんですね。」

「それは最高ですね!」

など、短いフレーズを使うことです。

短いフレーズを使う目的としては、

相手の意識が自分の言葉にそれないことです!

具体化のフレーズを使う

具体化とは、

「少しでも、相手のことを理解しようという姿勢です」

例えば、

「具体的には?」

「それでどうなったの?」

「もっと聞かせて」

などです。

このような具体的なフレーズを使うことで、

相手は、「私のことに関心を持ってくれているんだ」と認識します。

つまり、相手の承認欲求が満たされるわけです。

本心を開くフレーズを使う

 ここまできたら、相手が心を開くためのきっかけづくりが大切です。

そのための、きっかけになるような問いかけが必要になります。

具体的には、

「本当の気持ちは?」

「それで、本当はどうしたいの?」

などです。

これらは、相手が自分の心に意識を向けてじっくり考えられる短いフレーズです。

この時に一番大切なことがあります。

それは「沈黙」を恐れないことです。

とにかく相手が話すことが出来るまで、とにかく待つのです。

相手を信じて待つことも、心を開いて開いてもらうには大切なことです。

本当の信頼関係とは?

信頼関係とは、

「自己理解と他者理解を経たうえの、相互理解の結果、成り立つ」

みなさんどうでしょうか?

どうやったら信頼関係を築くことが出来ますか?

 

自分が相手のことを理解すること、、、

お互いが寄り添うこと、、、

お互いを信頼していけば、、、

 

どれも間違いでは無いと思います。

しかし、この本には、

「自己理解」というキーワードが入ってまました!

 

つまり、自分の価値観を知り、自分自身を大切にすること

自分を大切にできない人が、他人を大切にすることなんてできない!!

というメッセージがこの本から読み取ることが出来ます。

自分を大切にする方法

1,自分の価値観を知る

2,価値観を具体的に定義する

3,価値観を大切にするための行動をとる

 

日常生活の中で、

「わかっているんだけど行動することが出来ない人」ってとても多いと思います。

しかし、行動して初めて自分を大切に出来るものだと思います。

自分を大切にすることは、自分勝手で、わがままなんてことは無いのです。

 

 読んでくださった方、ありがとうございました。