自分の「ライフ」を「コンテンツ」に。

自分の日常生活を記録してきます。

フォロワー数=影響力じゃない!「発信」より「共感」。ゆうこすさんから学ぶ、令和時代の仕事の創り方!


今回は紹介する本は、

 ゆうこすさんの

「共感SNS」です!

以前にこの記事を上げたのですが、

最近自分がSNSで何をしたいのか、これからの方向性を考えている途中で、もう一度勉強してます。

なのでブログを始めて時間が経っているので、

バージョンアップした記事を挙げ直します!

f:id:healthprofessional:20190705215533j:plain

 

ゆうこすさんは、

「モテクリエイター、YouTuber、インスタグラマー、モデル、タレント、経営者」と色々な肩書きがあり、活躍されてますが、

最近はSNSアドバイザーという肩書きも追加されたそうです。

この本は、失敗も成功も味わったそんなゆうこすさんにしか語れない「リアルな経験」に触れることができます。一部紹介しています!

 

あなたはどんな主人公ですか?

もし、SNSで発信力をつけ、仕事にしたいと思う人は、

 

「あなたはSNSを通してやりたいことはなんですか?」


「なぜ、SNSで発信力をつけたいと思っていますか?」

 

が明確でないと、いくらノウハウを真似ても熱量のあるアカウントはつくることはできません。


「数だけでは本当に意味がないんです。それより、SNSではフォロワーさんがどれだ

け自分や自分が発信する内容に共感してくれて、どれだけ熱量を持ってくれてくれ

ているが1番意識すべきです。」

 

自分のやりたいこと方向性を語り、思い入れを持ってもらうことがどんなテクニック

よりも、1番大事だということ。

 

 自分がワクワクしていることでないと、絶対続かないないと思います。

SNSの自分をブランディングしていく

 ここで勘違いしやすいのですが、

SNSの自分と現実の自分を分けたり、演じたりすることではありません。

自分という人間を俯瞰し、どうやってブランディングしていくか考えることです。

自分のことは自分が想っている100倍相手に伝わっていないのです。

SNSは言っても、画面上ですよね??

対面してコミュニケーションを取ることはできません。

なので、自分が想っている以上に相手に伝えないといけないのです。

ゆうこすよさんのブランディング方法

これらはゆうこすさんがブランディングする際に、考えていることになります。

ポイントだけ紹介します。

1.どんな主人公なのか

・夢や願望だけでなく、理由や想い、共感をプラスすること

・共通認識できるような旗を掲げる

・唯一無二の肩書きを作る

・自分の思い、自分の環境、届けたい層のニーズから、自分の立ち位置を間違えない

・丸く尖る(誰も傷つけない、誰も挑発しないけど埋もれるような内容ではない

 

2.どんなストーリーなのか

・理想の最終回に向けて目標を決める

・目標を習慣に落とし込む

・挑戦し続ける

 

3.どんな人に見てほしいのか

・相手を限定すると届きやすい

・ターゲットが同じSNSに詳しくなる

プロフィールを制するモノはSNSを制する

みなさんは、気になったアカウントなどを見つけたら、何を見ますか?

きっとまずはプロフィールから見ますよね。

「どんな人なのか、何をしている人なのか」

と想いながら見ていると想います。

どんないい投稿をしていても、プロフィールが曖昧だと、信用できません。

なので、フォロワーの目線になって考えて、プロフィールを作るべきなのです。

全ての入り口はプロフィールです。

本の表紙づくりとSNSのプロフィールづくりは似ている

みなさんは、書店で本を手に取るときの自分の気持ちってどんな感じですか?

中身が気になって手に取ると思いますが、

なぜ中身が気になるのでしょうか?(笑)

そうです。

外見に惹かれたからですね。(笑)

くどくてすみません。

つまり、

いくら中身が充実していたとしても、取ってもらえなければ、何も意味がないのです。

 プロフィールは、本で言うと、「タイトル」「カバー」です。

 

今回はこれで終わりになります!

次回も続きを書くのでお楽しみに!!

今日も読んでくださった方、ありがとうございました。